TOUGEDRIVE7


MENU

20180617から走破したこれから走破済み、走破予定の峠道一覧です。

Part1とPart2とpart3,Part4,Part5,Part6に分けて掲載しています。

群馬県,千葉県,茨城県,埼玉県,栃木県,東京都、はPart1に記載しています。

山梨県,長野県,愛知県は峠道ドライブ一覧Part2に記載しています。

神奈川県,静岡県Part3に掲載しています。整理致しました。

Part4は福島県,新潟県,石川県,富山県,岐阜県,三重県,滋賀県を掲載しています。

Part5山形県,秋田県,岩手県,福井県,和歌山県,奈良県を掲載しています。

Part6は宮城県,青森県,北海道掲載しています。

Part7は京都,大阪,兵庫を掲載しています

情報はwikipediaより情報抜粋しています。一部感想を記載しています。

ちょい重たいですがご覧下さい。


京都

●嵐山高雄パークウエイ 走破後動画掲載致します。

嵐山高雄パークウエイ(公式PV)より

嵐山高雄パークウェイ(あらしやまたかおパークウェイ)は、阪急阪神ホールディングスグループの西山ドライブウエイ株式会社が経営する一般自動車道。1965年供用開始。京都市右京区の嵐山(清滝道)と高雄(国道162号)を結ぶ全長10.7キロメートル (km) の有料道路。 出入口は、高雄側が「高雄口ゲート」、嵐山側が「嵐山・清滝口ゲート」の2か所あり、両ゲート共に料金所が設けられている。土日祝日及び1月1日 - 3日、7月21日 - 8月31日、10月21日 - 11月30日の各日は二輪車通行禁止となる。なお、本道路は道路交通法による一部車両通行規制として、125cc以下の二輪車と自転車は通行できない。沿道には菖蒲谷池遊園地、観空台遊園地、展望台、ドッグ・ラン ワン遊ランド、ハーブ園、 釣り池など西山ドライブウェイが営業するレジャー施設がある。

2015年7月現在の通行料金は下記の通り。

  • 二輪車 ※土・日・祝日は通行不可 850円
  • 軽・小型普通自動車 1,200円
  • マイクロバス 3,000円
  •  大型バス 4,880円
  • 高尾大駐車場 高雄口に近い無料の駐車場。高山寺や神護寺へ徒歩で向かう散策路で結ばれる。

クーポンを利用するとお得ですよ(印刷して下さい)

走破したら動画を掲載したいと思います。もう暫くお待ち下さい。

周山街道 走破後動画掲載致します。

周山街道MAP

国道162号(こくどう162ごう)は、京都府京都市から福井県小浜市や同県三方上中郡若狭町を経由して同県敦賀市に至る一般国道である。京都府京都市右京区の市街地より北へ、丹波山地から日本海側の若狭湾に抜けて、リアス式海岸を縫って若狭湾東端に位置する福井県敦賀市に達する延長約150キロメートル (km) の一般国道の路線で、主な通過地は、京都府の笠峠、京都市右京区京北地区、南丹市、堀越峠、福井県大飯郡おおい町名田庄地区、小浜市、三方上中郡若狭町、三方郡美浜町である。起点は、京都市右京区内の西大路五条交差点にあり、ここから五条天神川交差点の国道9号分岐までの東西の直線区間は国道9号との重用区間、また福井県側の若狭町の三方交差点から終点・敦賀市内の国道8号敦賀バイパス坂の下IC間は、国道27号・国道8号との重用区間である。国道162号のうち、京都市街から小浜までの区間は、かつて若狭湾で獲れた魚介を京都まで運搬する物流ルートだった鯖街道のひとつで、周山街道の別名でよばれている。

路線データ

一般国道の路線を指定する政令に基づく起終点および経過地は次のとおり。

  • 起点 : 京都市(右京区、西大路五条交差点=国道9号上、京都市道181号京都環状線交点)
  • 終点 : 敦賀市(坂の下IC=国道8号敦賀バイパス交点、国道27号・国道161号起点)
  • 重要な経過地 : 京都府北桑田郡京北町、小浜市、福井県三方郡三方町
  • 総延長 : 149.9 km(福井県 82.5 km、京都府 22.8 km、京都市 44.6 km)重用延長を含む。
  • 重用延長 : 23.0 km(福井県 21.6 km、京都府 - km、京都市 1.4 km)[4][注釈 4]
  • 実延長 : 126.9 km(福井県 61.6 km、京都府 22.8 km、京都市 43.1 km)
    • 現道 : 126.4 km(福井県 61.0 km、京都府 22.8 km、京都市 43.1 km)
    • 旧道 : なし
    • 新道 : 0.4 km(福井県 - km、京都府 - km、京都市 0.4 km)
  • 指定区間 : 国道9号、国道27号、国道8号と重複する区間

大阪

●信貴生駒スカイライン 走破後動画掲載致します。

信貴生駒スカイライン(しぎいこまスカイライン)とは、近畿日本鉄道(近鉄)が所有し、子会社の近鉄レジャーサービスが管理する一般自動車道で、大阪平野と奈良盆地の間に連なる生駒山地を南北に通過する私道の有料道路である。大阪府と奈良県の府県境となる生駒山(標高642 m)と信貴山(標高437 m)の尾根沿いを結ぶ観光有料道路で、桜や紅葉のほか、大阪・奈良の夜景が美しいことで知られる。山上線・宝山寺線・信貴山線の3つの区間で構成される道路の全長は約21キロメートル (km) あり、南の信貴山から高安山、大阪府民の森(みずのみ園地、なるかわ園地)、生駒山、生駒山上遊園地、生駒聖天など観光スポットが多い。当スカイライン運営会社によって生駒山上〜暗峠間に設置されたその場所が金剛生駒紀泉国定公園であることを示す石碑信貴山側は、奈良県三郷町を通る奈良県道236号信貴山線と信貴山門料金所で連絡し、生駒側は阪奈道路と登山口インターチェンジで接続する。また、ケーブルカー駅と連絡する支線もあり、南は西信貴ケーブル高安山駅前と、北は聖天口料金所から生駒ケーブル宝山寺駅前までつながっており、さらにこの道路の延長で、奈良県道237号生駒停車場宝山寺線を経て、近鉄生駒駅と連絡する。料金所は、前述の料金所のほかに、生駒山上遊園地付近にある生駒山上料金所を合わせ計3か所に設けられている。通行料は、信貴山から生駒間全線通行した場合で片道1340円。阪奈道路から生駒山上までは往復720円(いずれも普通車)。なお、阪奈道路登山口から生駒山麓公園間は無料で通行することができる。冬季閉鎖はないが、通行時刻は6:30-24:00に限られ、冬季は23:00まで短縮される。生駒山など途中から見る夜景は西は大阪市・大阪平野はもちろん、天気のよい日には明石海峡大橋、淡路島まで、東は奈良市の街並みを一望できる。特に、高い山頂から大阪平野の隅々まで見下ろすスケールの大きな夜景は格別である。信貴山門 - 高安山駅間は、戦前にあった信貴山急行電鉄の廃線跡地を道路に転用したもので、現在も近鉄西信貴鋼索線(ケーブルカー)に連絡する形で近鉄バスの路線バスが運行する。

路線データ
  • 山上線
    • 区間:阪奈道路登山口 - 生駒山上駐車場
    • 距離:4.5 km
    • 開業:1958年(昭和33年)8月6日
    • 幅員:7 m
  • 宝山寺線
    • 区間:山上線聖天口 - 生駒聖天駐車場
    • 距離:2.3 km
    • 開業:1960年(昭和35年)12月30日
    • 幅員:6.5 m
  • 信貴山線
    • 区間:生駒山上駐車場 - 信貴山駐車場
    • 距離:14.1 km
    • 開業:1964年(昭和39年)4月28日
    • 幅員:6.5 m
路線状況

通行できるのは自動車のみで、オートバイ、自転車は全面通行禁止である。過去には通行することができた時代もあったが、80年代のバイクブーム時に事故が多発したために通行禁止となってしまった。私道であるが、道路運送法に規定された自動車道であることから、道路交通法、道路運送車両法が適用され、違反者には罰則が科せられる。営業時間外は原則として閉鎖される。かつては営業時間後も門は開放されており、出入りは自由であった。このため深夜になると、夜景を見ようとする者や、違法競走型暴走族などが多く進入していた。その結果、暴走族などの騒音が原因で付近住民が不眠症などになったことから、住民は近鉄と近鉄バスに対し慰謝料を求めて提訴した。2005年4月に大阪地方裁判所は住民の訴えを認め、両社は約215万円の慰謝料を支払いを命じられている。2017年の平成29年台風第21号の影響により土砂崩れが発生したため2017年10月から生駒山上料金所 - 高安山間(約12㎞)が通行止めとなっていたが、2018年7月に生駒山上料金所 - 十三峠駐車場間(約8km)が再開し、2018年12月22日に全線開通している。

営業時間
  • 11月〜2月:6時30分〜23時
  • 3月〜10月:6時30分〜24時
通行料金

区間 乗用車 マイクロバス 大型バス・貨物自動車 登山口 - 宝山寺(片道) 360円 870円 1,440円 登山口・宝山寺 - 生駒山上(往復) 720円 1,740円 2,880円 生駒山上 - 高安山 - 信貴山門(往復) 980円 2,470円 3,910円 全線片道(登山口・宝山寺 - 信貴山門) 1,340円 3,340円 5,350円 全線往復(登山口・宝山寺 - 信貴山門) 1,940円 4,880円 7,860円

登山口 - 生駒山麓公園間は無料で通行可。料金所は聖天口、生駒山上、信貴山門に設置。
登山口・宝山寺→聖天口料金所で往復分720円を払う。(wikipediaより情報抜粋)



兵庫

  • 表六甲ドライブウェイ 走破後動画掲載致します。
表六甲ドライブウェイ(おもてろっこうドライブウェイ)は、神戸市灘区鶴甲と、同区六甲山を結ぶ道路である。元々は裏六甲ドライブウェイとともに有料道路であったが、2002年6月1日に無料化された。料金所は六甲山トンネル南側料金所の隣にあった。現在、ローリング族対策のため、一部区間で土曜・日曜・休日に二輪車の通行が禁止されている。 (wikipediaより情報抜粋)

裏六甲ドライブウェイ 走破後動画掲載致します。

裏六甲ドライブウェイ(うらろっこうドライブウェイ)は、神戸市北区有野町唐櫃と、灘区六甲山を結ぶ道路である。以前は表六甲ドライブウェイとともに有料道路であったが、2002年6月1日に無料化された。料金所は北区側から入ったところにあった。また、ローリング族対策のため乗用車(大型・中型貨物・普通貨物・タクシーを除く/土曜・日曜・休日の0時-5時)と二輪車(土曜・日曜・休日の終日)が通行禁止となっている。6月から7月にかけて、沿道には自生のものや植栽されたアジサイが多く咲き乱れる。阪神間の市街地に比べると一ヶ月程度見ごろの時期が遅れる。 (wikipediaより情報抜粋)

●芦有ドライブウェイ 走破後動画掲載致します。


芦有ドライブウェイ(ろゆうドライブウェイ)は、兵庫県芦屋市・西宮市・神戸市北区にまたがる一般自動車道事業による有料道路である。また、芦有ドライブウェイ株式会社は、これを経営する企業で、西日本高速道路(NEXCO西日本)の子会社である。六甲山の東側を越え、芦屋市街地と有馬温泉を結ぶ。延長10.67km。

出入口・接続道路

  • 芦屋ゲート(兵庫県道344号奥山精道線)
  • 宝殿ゲート(兵庫県道16号明石神戸宝塚線)
  • 有馬ゲート(兵庫県道51号宝塚唐櫃線)

自動二輪車は土曜日・日曜日・祝日は終日通行禁止。また、1月・2月は0時から7時まで閉鎖される。なお、道路交通法による一部車両通行規制として、原動機付自転車を含む125cc以下の2輪車や軽車両は通行できない。

公道化要望

芦屋市奥池町付近に住宅地があるが、当道路を利用しないと芦屋市街地に出ることができないとして、この地域の住民から芦屋市へ公道化の要望が出されている。1966年(昭和41年)3月30日に公道化を求める陳情が出され、全会一致で採択されている。また、前述のマッコーリーグループへの売却交渉の過程でも、過度な開発を懸念する観点より、地域住民から市及び市議会に対して公道化を含む要望が提出されている。

沿線施設

奥池に隣接し、グラウンドゴルフ場やバーベキューサイトのある「奥池あそびの広場」も同社が運営している。標高645mの「東六甲展望台」からは、大阪平野から神戸港までの眺望を眺めることができ、夜景スポットとしても知られる(wikipediaより情報抜粋)


六甲山上道路(西六甲ドライブウェイ/サンセットドライブウェイ) 走破後動画掲載致します。

兵庫県道16号明石神戸宝塚線(ひょうごけんどう16ごう あかしこうべたからづかせん)は、兵庫県明石市から神戸市、西宮市を経て宝塚市に至る県道(主要地方道)である。神戸市北区の小部峠交差点から西宮市の西宮北有料道路入口の区間は、六甲山系の山頂付近を東西に走る観光道路としての側面もあり「六甲山上道路」と呼ばれている。このうち小部峠交差点から六甲山記念碑台の区間には「西六甲ドライブウェイ」、六甲山記念碑台から六甲高山植物園の区間には「サンセットドライブウェイ」という愛称がついている。


●但馬海岸道路(但馬コースタルロード) 走破後動画掲載致します。

但馬海岸(たじまかいがん)は日本海に面し、兵庫県豊岡市気比から美方郡香美町の香住海岸を経て美方郡新温泉町居組に至る東西約50kmの岩礁海岸。 但馬国の海岸と同義。すべての海岸線が山陰海岸国立公園及び山陰海岸ジオパークに含まれ、一部の海岸部が国の名勝および天然記念物、海中公園に指定されている。山陰海岸国立公園の中心に位置するリアス式海岸を主体とする全長およそ50kmの海岸線である。豊岡市気比の津井山海岸から、美方郡香美町の香住海岸を経て美方郡新温泉町居組に至る海岸の総称。日本海沿岸に接する府県の中では最も短い海岸線であるが、沿岸は山地が直接海の落ち込み、平地が少なく、岬や入り江が複雑に入り組んだ典型的なリアス式沈降海岸となっており、断崖、洞窟、洞門、奇岩が多い。また、海水が陸水の影響を受けることが少ないため、透明度が高く、澄んでいる。海底の起伏も変化に富み、海藻類が繁茂している。新温泉町の但馬御火浦が国の名勝および天然記念物に指定されており、火山砕屑岩からなる海食洞の旭洞門や、洞門としては世界最大級の釣鐘洞門などがある。香美町の香住海岸が国の名勝に指定されており、柱状節理と板状節理からなる鎧の袖が国の天然記念物に指定されている。また、竹野海岸の猫崎半島の東に広がる竹野浜は遠浅かつ透明度の高さを特徴とする、環境省の「日本の快水浴場百選」や「日本渚百選」に選ばれている日本を代表する海水浴場の一つであり、来客数においても近畿圏屈指とされる。美しい自然景観を呈していることから1963年に国立公園の指定を受けた。松葉蟹でも有名な香美町です。

淡路島・明石海峡大橋 走破後動画掲載致します。

淡路島・明石海峡大橋(アワジシマ・シコクカイドウ)

神戸市から淡路島を経由して瀬戸内海を渡り、徳島まで続く全長195kmのルート。現在は海峡を渡るフェリーが廃止され、車で淡路島へ渡る手段は、本州側の明石海峡大橋、四国側の大鳴門橋といった国道28号線のバイパス自動車専用道路である神戸淡路鳴門自動車道を通行することになる。淡路島の東岸を縦断するように走る国道28号線は、古くから四国と本州を結ぶ物流の要の役割を果たしている。潮風を感じながら、山道やオレンジ畑といった豊かな景観を味わえる。(TOYOTA86 Societyより情報抜粋)

青垣峠 走破後動画掲載致します。

朝来市生野町黒川と兵庫県丹波市青垣町大名草の境、生野市街地の北東にある峠。黒川峠ともいう。現在は国道429号が通り、標高は550メートル。 朝来市と丹波市の境にある青垣峠。やわらかな日差しと心地よい川のせせらぎをBGMに森の中を走ることができる。国道429号線上であるものの、道路幅は狭いので、大型車の通行や対向車とのすれ違いには要注意。峠を越えると、生野銀山、竹田城跡へと続く。秋冬のよく晴れた早朝には、運が良ければ雲海に包まれた竹田城を望むことができ、その姿は「天空の城」「日本のマチュピチュ」と呼ばれている。 (TOYOTA86 Societyより情報抜粋)